紙には書けないペン、それが電子ペン

電子ペン、というものがあります。
手が字を書く動作を電子的に読み取り、パソコンに入力する端末。

ペンとは言い条、紙に書くのではなく、パソコンの入力ディバイス。
これはペンとは言い難いのではないかしらん?

電子ペンを名乗るなら、紙に印字しないとウソです。

ペン先が極小のプリンタヘッドかノズルのような仕組みで、紙をなぞるだけで文字が印刷出来る。
それでこそ、ペンの名に値するのではなかろうか?

シカシナガラ。

その場合、印字すべきデータは、どこから入力するんだろう?

あらかじめパソコンに取り込んだデータを印字、するんではペンで書く意味がないか。
ペンの動きを読み取る入力モードでパソコンに取り込んで、その後で改めて印刷モードで、
……すっごく面倒臭い!
(^^;


大きな字で書きたいときはどうするの?

文字を縦に分割して重箱を重ねるみたいに少しずつ印字……なんてできるワケないか。
ペン先を大きめにして、その幅の範囲で対応する。

そこまでやる意味があるのかという気もしてきました。

やはり「紙に印字できる電子ペン」の実現は、ハードルが高そうです。

ZEAKさんのブログ記事、

紙に書いた文字がデータ化されるAirPenMini+Uその2アプリ+読み込み編(Pentel)
に触発されて書きました。



.

この記事へのコメント

  • ZEAK

    紹介ありがとう(^^;
    大きく書いても認識はしますがw
    その通りに電子化されるので、
    それなりかな?
    2012年03月12日 10:09
  • おなら出ちゃっ太

    ZEAKさん、コメントありがとうございます。
    大きく書くと大きなフォントになるのかしらん?
    そんなワケないか。(^^;
    いや、「その通りに電子化」ということは?
    2012年03月12日 17:36

この記事へのトラックバック