だはんこきが買って買って買って買ってとだはんこく絵が可愛すぎるので

ツイッタ(もうとっくに「X」だって分かっているのに、こうやってわざと間違えて書くのも何度目だろう?)で、漫画家のつばなさんが「単行本発売日のマンガ家」を描いてくださっています。 駄々をこねてる絵が可愛すぎて、とりあえず買っちゃいたくなりますよね? ちなみに、こうやった駄々をこねることを、北海道弁では「だはんこく」といいます。「だはんこく」子どものことは、「だはんこき」と称します。 …

続きを読む

新作のボリューム調整その他

新しく書いた中学年(小学3~4年)向け作品ですが、「とりあえず書き終えた状態」で400字詰原稿用紙で112枚くらい。 起承転結のバランスもよくないので、これを100枚以下に縮めるのが当面の目標です。 並行して、五枚童話も書き始めたいところ。 が、その前に甘木児童文学系サークルの原稿も書かないといけない。

続きを読む

だいぶ弾けるようになってきた

この一週間ばかり、毎日少しずつでもギターに触れてきた成果かな。 かなり弾けるようになりました。 ・11月のある日(L.ブローウェル) ・Tears in Heaven(E.Clapton Arr.H.Sato) 動画は……そのうちに撮ります!

続きを読む

買ってしまった(おそ松くん全集~曙出版)

甘木フリマサイトで買ってしまいました。曙出版の「おそ松くん全集」5冊。 ピンクが基調のカバー(4、7巻)は、昭和49~50年ころに出たもので、この全集としては最後の版です。小学6年か中学1年のころ、大量に買いました。 ブルーやオレンジのカバー(6、11、15巻)は、それ以前に出版されたもので、似たような色合いのを持っていました。う~ん、懐かしい。 二十一世紀に入る少し前に、売ってし…

続きを読む

探偵さんのその後が心配なゴルゴ13のエピソード

幾多の名作エピソードにことかかないゴルゴ13ですが、ゴルゴ本人がまったく登場しないこともあります。 今回取り上げる「ヒット・エンド・ラン」も、そのひとつ。 探偵のエドは、婚約者をマフィアのボスによるひき逃げで失う。この事故は、マフィアのボスによる完全な不注意(かなり悪質なのだが割愛する)であり、エドへの遺恨などではない。 エドはひき逃げ犯をマフィアのボスと特定するが、違法な手段…

続きを読む

猫占い師とこはくのタロット(のまみちこ)

ブログ仲間の海さんの記事で知った本です。小学館ジュニア文庫から出ていますが、児童書の場合は「文庫」といっても新書サイズ。このへんは、子どもが手に取りやすい判型という事情もあるのかな? ちなみに、のまみちこ先生は第一回小学館ジュニア文庫小説賞を受賞してデビューされました。デビュー作は「さくらxドロップ」です。これも未読なので、折を見て読みたいものです。 余談ですが、「のまみちこ」は野間…

続きを読む